会計学

会計学の基礎|会計学とは何かをゼロからわかりやすく説明

会計学の基礎の画像

会計学の基礎

会計学とは企業の決算書である損益計算書(そんえきけいさんしょ)や貸借対照表(たいしゃくたいしょうひょう)について勉強する学問です。

会計学(財務諸表論(ざいむしょひょうろん)・財務会計)の知識は、大学の授業以外に簿記検定、公務員試験(国税専門官)の会計学、公認会計士試験・税理士試験の財務諸表論、中小企業診断士試験の財務会計などの科目で必要となります。

簿記などの知識ゼロの状態から会計学を勉強できるように会計学の基礎知識をまとめます。(このページがこのサイト(ビジトウベン)の会計学の全体像を表すまとめページになります。)

会計学入門

会計学の全体像について説明しながら、会計学と混同されやすい簿記との違いや会計学で必要となる簿記・仕訳(しわけ)の基礎知識を解説します。

あわせて読みたい
会計学とは
会計学とは何か|会計学の意義|会計学と簿記との違い会計学の意義:会計学とはどんな学問?会計学(財務諸表論)の対象|会計学の意義(目的)|会計の種類:外部向けの会計=財務会計、内部向けの会計=管理会計|会計学と簿記との違い|会計学とは最も適正な利益の計算方法・表示を考える学問です。つまり適正な利益とは何かを考える学問が会計学といえます。...
あわせて読みたい
仕訳とは何か|仕訳のルール・仕方をわかりやすく説明|借方・貸方の位置、勘定科目仕訳とは何か|仕訳の特徴、具体例|勘定科目:位置、財務諸表の項目|仕訳のルールと具体例|仕訳の対象になるもの(資産内容の変化、火災による損害)ならないもの(注文の受付、店舗の賃貸借契約の締結)|仕訳とは会計学における取引の記録の方法です。会社は期中に行う色々な取引のたびに記録を付けていきます。その記録が仕訳になります。...

制度会計

制度会計とは外部に報告するための会計です。

この制度会計には金融商品取引法会計、会社法会計、税法会計があります。

あわせて読みたい
金融商品取引法会計の対象となる大会社のイメージ
金融商品取引法会計の目的と対象|開示される財務諸表金融商品取引法会計の目的|金融商品取引法会計の対象は公開会社(上場会社)など|金融商品取引法会計と財務諸表等規則|金融商品取引法会計において開示される財務諸表|一般に公正妥当と認められる企業会計の基準、金融商品取引法会計における規則と会計基準の関係|金融商品取引法会計とは、外部に対する報告を目的とした制度会計の1つです。...
あわせて読みたい
会社法会計と会社計算規則とは|目的と特徴|開示される財務諸表会社法会計の目的と特徴|会社法の目的は債権者保護|会社法会計と会社計算規則|会社法会計における財務諸表|会社法・会社計算規則に定めのないものの会計処理|会社法会計の目的と特徴|会社法会計とは何でしょうか?会計学で勉強する会社法会計についてわかりやすく説明します。会社法とは会社のルールを定めている法律です。...

会計学の用語

会計学は簿記や会計に関する特殊な用語が多く登場します。

会計学の用語集を使って知らない単語が出てきたときは確認しながら学習を進めて行きましょう。(わすれがちな用語の確認用として使ってください。)

あわせて読みたい
会計学用語集
会計学用語集|B/Sから連結財務諸表まで会計学の用語|会計学は特有の用語が多く、慣れないうちは戸惑うこともあります。そこで、会計学の用語をまとめてみます。|B/S、P/L、一般原則、売上高、売上原価、営業外収益、営業外費用、営業利益、会計学、会計期間、貸倒引当金、貸倒引当金戻入益、貸倒引当金繰入額、期首、期末、期中、キャッシュ・フロー計算書、繰延資産、経過勘定、経常利益、現金主義、固定資産、固定負債、財務諸表論、真実性の原則、重要性の原則、実現主義、資本取引・損益取引区分の原則、仕訳、税効果会計、連結財務諸表など...

企業会計原則と会計学の一般原則

日本の会計の基準(ルール)である企業会計原則(きぎょうかいけいげんそく)について、会計の前提となる会計公準(かいけいこうじゅん)というものとあわせてわかりやすく説明します。

あわせて読みたい
鏡のイメージ
会計公準と企業会計原則|日本の会計原則|会計公準の3要素日本の会計原則|会計公準|日本の会計原則=企業会計原則|企業会計原則における財務諸表|会計のルールを会計原則といいます。日本の会計原則は何かを簿記や会計の前提としてみていきます。株主や債権者などの企業外部の利害関係者に対して報告することを目的とする会計を制度会計といいます。この制度会計の前提が会計公準です。...

会計学の一般原則とは、日本の会計基準である企業会計原則において会計全般にわたる基本となるような原則のことです。

この企業会計原則の一般原則には、①真実性の原則、②正規の簿記の原則、③資本取引・損益取引区分の原則、④明瞭性の原則、⑤継続性の原則、⑥保守主義の原則、⑦単一性の原則という7つの原則があります。

あわせて読みたい
truth
真実性の原則|会計学の企業会計原則の一般原則会計学の一般原則とは|真実性の原則|相対的真実性|真実性の原則の存在意義(位置づけ)| 一般原則とは企業会計原則において会計全般にわたる基本となるべき原則のことです。企業会計原則は簿記や経理といった企業会計の実務指針です。この一般原則には7つの原則があります。...
あわせて読みたい
会計帳簿の記録
正規の簿記の原則の意義|網羅の意味、証憑の意味|企業会計原則正規の簿記の原則の意義|網羅性の意味、検証可能性と証憑の意味、秩序性の意味|複式簿記か単式簿記か|正規の簿記の原則は企業会計原則における一般原則の一つで、すべての取引につき正確な会計帳簿を作成しなければならないとする原則です。正確な会計帳簿といえるためには網羅性、検証可能性、秩序性の3つの要件が必要とされます。...
あわせて読みたい
木の幹
資本取引・損益取引区分の原則とは|資本取引損益取引の具体例|一般原則資本取引・損益取引区分の原則とは何か|資本取引の意味損益取引の意味|資本取引と損益取引との区別の具体例|(おまけ)毎月分配型のファンドについて|資本取引・損益取引区分の原則とは、企業会計原則における一般原則の1つであり、資本取引と損益取引とを明瞭に区別するという意味の原則です。...
あわせて読みたい
明瞭さのイメージ
明瞭性の原則の意味と内容|会計基準の具体例は総額主義、重要な会計方針、後発事象の3つ会計学の明瞭性の原則における総額主義の具体例:減価償却累計額、貸倒引当金|総額主義の例外:純額主義による表示|重要な会計方針、後発事象|重要な会計方針や後発事象の記載方法|明瞭性の原則とは企業会計原則の一般原則の1つで、企業会計は財務諸表によって利害関係者に対し必要な会計事実を明瞭に表示しなければならないとする原則です。...
あわせて読みたい
継続性の原則
会計学の継続性の原則とは|正当な理由の具体例|勘定科目は含まれる?会計学の継続性の原則とは何か?企業会計で継続性の原則が求められる理由|継続性の原則でも変更が可能な場合の具体例|勘定科目に継続性の原則は適用されるか?継続性の原則とは、企業会計における一般原則の1つです。企業会計はその処理の原則および手続きを毎期継続して適用しみだりにこれを変更してはならないという原則が継続性の原則の意味になります。...
あわせて読みたい
保守主義の原則
保守主義の原則(安全性の原則)とは|企業会計の適用例:引当金、棚卸資産など保守主義の原則とは|保守主義の原則の適用例:棚卸資産の評価における低価法、後入先出法(インフレ状況下)、引当金、減価償却における定率法|保守主義の原則とは企業会計原則の一般原則の1つで安全性の原則ともいいます。企業の財政に不利な影響を及ぼす可能性がある場合、これに備えて適当に健全な会計処理をしなければなりません。...
あわせて読みたい
単一性の原則
単一性の原則とは|会計基準で求められる理由を具体例で説明単一性の原則とは何か?|単一性の原則の定義|会計基準で単一性の原則が求められる理由を具体例で説明|単一性の原則は企業会計原則の一般原則の1つです。株主総会提出のため、信用目的、租税目的等のために異なる形式の財務諸表を作成する場合でも、財務諸表の作成の基礎となる会計記録は同一でなければならないという原則が単一性の原則です。...

また、一般原則ではありませんが、重要な原則として⑧重要性の原則があります。

あわせて読みたい
重要性の原則
重要性の原則とは|企業会計原則の適用例:前払費用など|金額基準は5%?重要性の原則とは|重要性の原則の適用と適用例|重要性の原則の金額基準|企業会計原則の一般原則ではないものの一般原則に準ずる重要な原則が重要性の原則です。 重要性の乏しいものについては本来の厳密な会計処理によらないで他の簡便な方法によることも正規の簿記の原則に従った処理として認められるというのが重要性の原則の意味になります。...

損益計算書:会計学で会社の経営成績を表す財務諸表

損益計算書とは、会社の決算書(財務諸表)の1つであり、ある期間(1年など)の会社の経営成績を表す財務諸表で、よく利益(Profit)と損失(Loss)からよくP/L(ピーエル)と略されます。

損益計算書の基礎

損益計算書とは何かということを理解してから、損益計算書の中身について順番にみていきます。

あわせて読みたい
PL1
損益計算書PLとは何か?会計学における見方・勘定科目|損益計算書の5つの利益とは会計学における損益計算書とは何か?PLは会社の経営成績をあらわす財務諸表|損益計算書(P/L)のイメージ|フローとストックであらわした損益計算書・貸借対照表|会計学における損益計算書の見方・具体例|売上総利益の計算:売上高、売上原価の意味|営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益の計算...

また、企業会計原則では損益計算書についてどのように述べているかを確認します。

あわせて読みたい
損益計算書の本質と目的(企業会計原則におけるP/L)|損益計算書の様式(報告様式と勘定様式)損益計算書の本質・目的・様式|損益計算書とは企業の経営成績をあらわす財務諸表です。 企業会計原則は損益計算書の本質を以下のように述べています。「損益計算書は、企業の経営成績を明らかにするため、一会計期間に属するすべての収益とこれに対応するすべての費用とを記載して経常利益を表示し、これに特別損益に属する項目を加減して当期純利益を表示しなければならない」...
あわせて読みたい
損益計算書PLの包括主義と当期業績主義、区分と無区分|総額主義損益計算書の表示|当期業績主義と包括主義|当期純利益とは|区分損益計算書と無区分損益計算書|営業損益計算の区分、経常損益計算の区分、純損益計算の区分|損益計算書と総額主義|会計学では損益計算書PLや貸借対照表BSについて各項目の会計処理の仕方のほかに表示についても勉強する必要があります。...

損益会計:損益計算書PLの費用・収益の認識と測定

会社から出ていくお金である費用と入ってくるお金である収益の会計が損益会計です。

この費用と収益の認識のタイミングと金額の測定のルールについて確認します。

あわせて読みたい
損益会計の費用と収益の割当の画像
損益会計とは|費用収益の割当:現金主義・発生主義・実現主義損益会計とは何か|費用収益の割当の方法:現金主義・発生主義・実現主義|実現主義の根拠|収益認識のタイミング|費用・収益の認識と測定|収益認識に関する会計基準|損益会計とは収益と費用に関する会計のルールについてのお話です。企業会計、特に損益会計の目的は適切な期間損益計算です。この適切な期間損益計算を実現するためにまずは収益や費用を計上するタイミングを考えてみます。...

収益会計:損益計算書PLの収益の処理と表示

収益会計とは、損益計算書の中身として入ってくるお金である収益についての会計です。

費用会計:損益計算書PLの費用の処理と表示

損益計算書の中身のもう1つである出ていくお金、費用について確認するのが費用会計です。

あわせて読みたい
費用会計とは|費用の認識のための会計基準|費用収益対応について費用会計における費用とは何か|費用会計における費用の認識基準:発生主義と費用収益対応の原則|会計学における費用会計とは、損益計算書(P/L)の項目である費用についての会計処理のルールや基準のことです。ここで費用とは、売上高などの収益を獲得するための努力にあたるものです。...

貸借対照表:会計学で会社の財政状態を表す財務諸表

貸借対照表

貸借対照表とは、会社の決算書(財務諸表)の1つであり、会社の財政状態を表す財務諸表であり、バランスシートの略でB/S(ビーエス)と呼ばれます。

貸借対照表の見方

まずは、貸借対照表とは何かについて貸借対照表の見方をわかりやすく説明します。

あわせて読みたい
貸借対照表とは
貸借対照表とは何か|会計学でBSは何の略?貸借対照表の見方、構造、内訳について会計学における貸借対照表とは|期首と期末=会計期間のはじまりと終わり|財政状態=調達源泉と運用状態|貸借対照表のパズル|貸借対照表の項目|貸借対照表(Balance Sheet、B/S)とは期末(または期首)における会社の財政状態を表す財務諸表です。会社の財政状態とは資金の調達源泉と運用状態のことです。...

資産会計:貸借対照表BSの資産の部の会計

資産会計とは、貸借対照表の左側、資産についての会計です。

資産会計の各項目・勘定科目(かんじょうかもく)について順番にみていきます。

流動資産:現金に近い資産

流動資産(りゅうどうしさん)とは、資産の一番上に位置している項目で、現金に近い資産です。

あわせて読みたい
約束手形のイメージ
流動資産とは|売掛金や受取手形、棚卸資産など10の勘定科目流動資産とは|流動資産の項目:現金及び預金、売掛金、受取手形、棚卸資産、未収金など|流動資産は貸借対照表(B/S)の左側(借方側)の資産の部の一番上の項目でB/S全体だと左上の部分になります。流動資産は資産のうち企業によって比較的短期間で現金化や費用化が予定されている資産です。...

流動資産と現金から遠い資産である固定資産(こていしさん)を分類する基準が流動固定分類(りゅうどうこていぶんるい)です。

あわせて読みたい
流動固定分類とは何か?前払費用などの流動固定分類の基準は?流動固定分類とは何か?流動固定分類の基準:正常営業循環基準と1年基準|正常営業循環基準の例:売掛金など|1年基準(ワンイヤールール)の例:前払費用など|流動固定分類のポイント|貸借対照表(B/S)における資産と負債の分類のお話に流動固定分類があります。貸借対照表において流動と固定に区別することを流動固定分類といいます。...

決算書である貸借対照表の資産の金額の決め方についてのお話が資産の評価方法です。

資産の評価方法には、原価主義、時価主義、低価主義という考え方があります。

あわせて読みたい
資産の評価方法の原則とは|原価主義、時価主義、低価主義の違い目次資産の評価方法とは|原価主義、時価主義、低価主義|資産の評価方法の適用|資産は企業が調達した資金がある瞬間にどういう形で運用されているかを表すものです。資産は預金、商品や有価証券、土地、建物などですが、資産の金額をどう決めるかが資産の評価方法(貸借対照表価額(B/S価額)の決定方法)です。...

流動資産は現金に近い資産なので、(あとでお金をもらえる権利である)売掛金(うりかけきん)や受取手形(うけとりてがた)などの金銭債権も該当します。

売掛金や受取手形などの金銭債権の処理に関連して償却原価法(しょうきゃくげんかほう)というものがあります。

あわせて読みたい
償却原価法とは|金銭債権の処理方法、償却原価法の例、金利の調整の意味をわかりやすく説明償却原価法とは|償却原価法の処理、具体例|償却原価法とは金銭債権の取得価額と債権金額が異なるときに適用される方法です。債権の取得価額と債権金額の差額が金利の調整と認められるときは当該差額に相当する金額を弁済期まで毎期一定の方法で取得価額に加算(減算)するのが償却原価法です。...

売掛金や受取手形などの金銭債権は、あとでお金をもらえる権利ですが、取引先の経営状態によってはちゃんとあとでお金がもらえないかもしれません。

そういった場合に出てくるのが貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)です。

あわせて読みたい
貸倒引当金とは|勘定科目の意味(資産か負債か)仕訳(差額補充法と洗替法)貸倒引当金とは何か|貸倒引当金の趣旨(資産か負債か)|貸倒引当金の仕訳:差額補充法と洗替法|貸倒引当金の表示|貸倒引当金(かしだおれひきあてきん)とは、売掛金などの金銭債権に設定される勘定科目です。...

そして、実際にお金が返してもらえない状況になることを貸倒(かしだおれ)といいます。

この貸倒の会計処理についても確認します。

あわせて読みたい
貸し倒れ(貸倒れ)の仕訳|倒産による貸倒損失(貸し倒れ損失)の処理|勘定科目は売掛金、貸倒引当金、貸倒損失貸し倒れ(貸倒れ)の仕訳:貸倒引当金がないケース、前期末に設定した貸倒引当金があるケース、前期末に設定した貸倒引当金があるが不足するケース|勘定科目は売掛金、貸倒引当金、貸倒損失|貸し倒れ(貸倒れ)というのは会社が倒産することです。この貸倒が起きた場合の会計処理についてみておきます。...

また、株などの有価証券(ゆうかしょうけん)も流動資産に該当します。

この有価証券の会計処理について説明します。

あわせて読みたい
有価証券とは何か|売買目的有価証券、その他有価証券の定義、評価と表示有価証券とは何か|有価証券の取得原価|有価証券の分類|売買目的有価証券、満期保有目的の債券、子会社株式および関係会社株式、その他有価証券の定義、評価、表示|社債の処理|強制評価減|自己株式|有価証券とは金融資産の一種で社債などの債券や株式のことです。...

そして、商品などの棚卸資産(たなおろししさん)も売れることで現金化が予定されているので、現金に近い流動資産だといえます。

あわせて読みたい
棚卸資産とは|貸借対照表の棚卸資産の意味をわかりやすく説明|土地は棚卸資産になるか?棚卸資産とは何か(会計学における棚卸資産の定義)棚卸資産の範囲:土地は棚卸資産か?棚卸資産の全体像|棚卸資産の取得原価|棚卸資産の費用配分||棚卸資産の数量計算の方法:継続記録法、棚卸計算法|棚卸減耗の会計処理、計算|棚卸資産とはいわゆる商品のことで販売収益を得るために保有する販売目的の資産などを意味します。...
あわせて読みたい
会計学の棚卸資産の単価計算(先入先出法、後入先出法、移動平均法、総平均法、売価還元原価法など)会計学における棚卸資産の費用配分(数量×単価)|棚卸資産の単価の計算方法:個別法、先入先出法、後入先出法、移動平均法、総平均法、売価還元原価法、最終仕入原価法、単純平均法|会計学(企業会計原則)において単価の計算方法には、個別法、先入先出法、後入先出法、移動平均法、総平均法、売価還元原価法などがあります。...
あわせて読みたい
棚卸資産の評価方法|低価法(低価基準)と原価法|棚卸資産の評価に関する会計基準で確認棚卸資産の評価方法としての低価法(低価基準)低価基準の適用による評価損:商品評価損の処理|会計学における低価基準の適用例|トレーディング目的で保有する棚卸資産の会計処理|企業会計原則における棚卸資産の処理|強制評価減|会計学で棚卸資産の評価とは棚卸資産の評価期末における棚卸資産の金額をいくらにするのかというお話です。...

固定資産:現金から遠い有形固定資産と無形固定資産

固定資産は、貸借対照表の項目の1つであり、現金から遠い資産です。

固定資産には、形のある固定資産である有形固定資産と形のない固定資産である無形固定資産があります。

まずは形のある固定資産である有形固定資産についてです。

有形固定資産は使っているうちに価値が減っていくので、固定資産の価値の減少の会計処理である減価償却(げんかしょうきゃく)という手続きが必要になります。

あわせて読みたい
固定資産とは|貸借対照表価額の計算、表示(書き方)、減価償却の対象固定資産とは|有形固定資産|減価償却の対象|貸借対照表(B/S)の表示:貸借対照表価額=取得原価マイナス減価償却累計額|無形固定資産|投資その他の資産|固定資産とはB/Sの左側の資産で企業により長期間保有・使用される資産です。固定資産には有形固定資産、無形固定資産、投資その他の資産があります。...
あわせて読みたい
固定資産の取得原価とは|手数料などの付随費用|交換|適用される会計基準固定資産の取得原価とは|固定資産の取得原価に関する会計基準:連続意見書|購入により固定資産を取得した場合|固定資産を自家建設した場合|借入による固定資産の自家建設|現物出資による固定資産の取得|交換による固定資産の取得|贈与による固定資産の取得|圧縮記帳...
あわせて読みたい
固定資産の減価償却とは何か|耐用年数、残存価額についてわかりやすく説明|財務的効果、減価とは減価償却とは何か|減価償却の計算の例|減価償却の実施時期|減価償却における3つの要素:取得原価、耐用年数、残存価額|減価償却の財務的効果|減価の種類:機能的減価と物質的減価|減価償却を簡単にわかりやすくいうと利用や時の経過による固定資産の価値の減少を費用として計上することです。...
あわせて読みたい
固定資産の減価償却の方法|定額法、定率法、級数法、生産高比例法の減価償却費の計算|取替法、グルーピング、臨時損失と臨時償却固定資産の減価償却の方法とは何か|定額法、定率法、級数法、生産高比例法による減価償却費の計算、計算例、長所|取替法|グルーピング:組別償却と総合償却|臨時損失と臨時償却|固定資産の減価償却の方法について確認します。固定資産の減価償却方法には、定額法、定率法、級数法、生産高比例法があります。...
あわせて読みたい
減価償却の仕訳(記帳方法)|直接法と間接法|減価償却累計額の貸借対照表の資産の部の表示|固定資産の除却までの処理減価償却の仕訳(記帳方法)|直接法の仕訳、間接法の仕訳|減価償却累計額の貸借対照表の資産の部の表示:原則的な表示、例外的な表示①、例外的な表示②|会計学における償却済みの固定資産の処理|耐用年数が1年未満の固定資産の処理|減価償却費を計上するための減価償却の仕訳である減価償却の記帳方法について説明します。...
あわせて読みたい
固定資産の仕訳|取得時、売却時、除却時の簿記上の仕訳|減価償却累計額の処理固定資産の取得の仕訳:建物の取得、土地の取得、備品の取得|固定資産の売却の仕訳:間接法の場合、現金か、未収金か|固定資産の除却の仕訳|固定資産の現物出資の仕訳|建設仮勘定からの振り替えの仕訳|固定資産とは貸借対照表(B/S)の資産項目で、建物、土地、車両運搬具、備品などの有形固定資産が代表です。この有形固定資産の取得時、売却時、除却時などの処理を確認します。...

また、固定資産を借りる取引をリース取引といいます。

リース取引の会計処理についてわかりやすく説明します。

あわせて読みたい
リースとは何か|会計学におけるリース取引をわかりやすく簡単に説明リースとは何か|リースの種類:ファイナンスリース取引とは、オペレーティングリース取引とは|所有権移転外ファイナンスリース取引|リースとは何かを簡単にいうと固定資産を借りる取引のことです。 わかりやすく例でいえば会社で使っているコピー機などはたいていリースで借りています。...

次に、形のない固定資産である無形固定資産についてお話します。

あわせて読みたい
無形固定資産とは何か|のれん、ソフトウェア|減価償却、耐用年数|償却方法は直接法無形固定資産とは何か|無形固定資産の分類(ソフトウェア、のれんなど)|無形固定資産の減価償却、償却方法(直接法)|無形固定資産の耐用年数|のれんの評価|自己創設のれん|無形固定資産とは、形のない固定資産で、貸借対照表(B/S)の資産項目です。無形固定資産は特許権などの知的財産権と借地権などの民法上の物権、ソフトウェアや経済上の価値(のれん)などがあります。...

繰延資産:本来は貸借対照表BSの資産ではない資産

繰延資産(くりのべしさん)とは、本来は貸借対照表の資産ではないのですが、毎年の利益をきちんと計算するためにあえて資産として計上されている項目です。

この繰延資産の種類と会計処理についてわかりやすく説明します。

あわせて読みたい
会計学の繰延資産とは?種類、仕訳、勘定科目、償却期間、償却方法を簡単にわかりやすい言葉で解説会計学における繰延資産とは何か?繰延資産の意味をわかりやすく簡単に説明|繰延資産の定義と意味|繰延資産の要件=将来の期間に影響する特定の費用|繰延資産の種類と具体例|繰延資産の種類と償却期間、償却方法のまとめ|繰延資産の会計処理|会計学における繰延資産の根拠=費用収益の対応|従来の繰延資産(社債発行差金と試験研究費)|臨時巨額の損失...

負債会計:貸借対照表BSの負債の部の会計

負債とは貸借対照表の右上の項目で、会社の借金(借入金)などが当たります。

また、一定の要件のもとで将来の費用を計上した引当金(ひきあてきん)という勘定科目も負債に分類されます。(なお、引当金には貸倒引当金のように資産の部の引当金もあります。)

あわせて読みたい
引当金とは|簿記的会計的意味、要件、種類(資産の部(評価性)・負債の部(負債性))引当金とは、引当金の定義|引当金の要件|企業会計原則における引当金の例、企業会計原則注解における引当金(例示列挙)|評価性引当金と負債性引当金|引当金と未払金、未払費用の比較|会計学における引当金の意味について考えてみます。引当金で一番有名なものといえば、貸倒引当金ですが、ここでは引当金に関する一般的なお話について確認します。...

また、投資家に対する会社の借金である社債(しゃさい)も負債の一種になります。

あわせて読みたい
社債とは何か|簿記・会計学の社債の取得・社債発行の仕訳|月割による端数利息の計算方法社債とは何か|社債発行の手続き|社債発行の形態:平価発行、打歩発行、割引発行|社債の償還:抽選償還、買入償還|社債の仕訳:社債の取得の仕訳、端数利息の処理、端数利息の計算、社債の売却の仕訳、社債発行の仕訳|社債とは、会社の長期的な資金調達のための公衆に対する借金のことです。会社が社債券を発行することにより資金を調達する際に生じる債務が社債になります。...

資本会計:貸借対照表BSの純資産の部の会計

資本会計とは、貸借対照表の右下の純資産の部に関する会計です。

あわせて読みたい
資本会計の会計学における意味|資本の部と純資産の部の勘定科目、内訳、表示の違いとは資本会計とは|資本の意味|企業会計原則の資本の分類(企業会計原則・企業会計原則注解)|現行制度の資本の分類:金融商品取引法会計の資本の分類、会社法会計の資本の分類|現行制度の純資産(資本)の部の表示|資本金とは何か|資本金、準備金、剰余金の相互の組み入れ|資本会計とは貸借対照表(B/S)の右下の資本、つまり純資産のお話です。...

会社がもうけた利益を株主に分配する利益配当はこの純資産をもとにして支払われます。

利益配当のもとになる繰越利益剰余金(くりこしりえきじょうよきん)と利益配当のルールについてわかりやすく説明します。

あわせて読みたい
会計学での配当の扱いは?剰余金の配当と繰越利益剰余金の簿記の処理会計学における剰余金の配当(分配)の取り扱い|配当の原資となる繰越利益剰余金とは|内部留保と繰越利益剰余金の違い|繰越利益剰余金と当期純利益(当期純損失)との関係|会計学における剰余金の配当(分配)|剰余金の配当における準備金の積立の会計上のルール|剰余金の配当における準備金の積み立ての具体例|剰余金の配当による準備金の積立の会計的な効果...

会計学のその他の会計知識

会計学その他のトピック:連結会計のイメージ

会社の財務諸表にはいろいろな種類があります。

ここではその他の財務諸表や会計に関するルールについてみていきます。

その他の財務諸表:キャッシュフロー計算書など

キャッシュフロー計算書とは、お金の流れ(キャッシュのフロー)を表す財務諸表です。

損益計算書の収益・費用だけではわからない現金などの流れを明らかにします。

あわせて読みたい
キャッシュ・フローのイメージ
キャッシュフロー計算書|知らないと怖い黒字倒産キャッシュ・フロー計算書とは|キャッシュ・フロー計算書の必要性(黒字倒産とは)|資金(キャッシュ)の範囲|ひな形|重要な3つの区分:営業活動・投資活動・財務活動によるキャッシュ・フロー|営業活動によるキャッシュ・フローの表示方法:直接法と間接法|キャッシュ・フロー計算書とは企業の資金の状況を明らかにするため一会計期間におけるキャッシュ・フローの状況を一定の活動区分別に表示する財務諸表です。...

株主資本等変動計算書とは、貸借対照表(B/S)の純資産の変動をあらわす財務諸表です。

あわせて読みたい
株主資本等変動計算書のひな形の画像
株主資本等変動計算書とは何か|株主資本等変動計算書のひな形・配当の扱いについて株主資本等変動計算書とは何か|株主資本等変動計算書の定義|株主資本等変動計算書のひな形|株主資本等変動計算書における配当の取り扱い|株主資本等変動計算書の作成が求められる会社はすべての会社|株主資本等変動計算書とは会社の財務諸表の一種です。会計学における株主資本等変動計算書の定義と特徴をわかりやすく説明します。...

財務諸表分析

財務諸表分析とは、決算書の分析です。

決算書の数字から会社の経営が良いか悪いかを判断しやすくするために加工した値を経営指標といいます。

貸借対照表の総資産や純資産、利益と株価の関係を表す経営指標にROE、ROA、PER、PBRなどがあります。(なお、株式投資では会社の決算書のデータなどから投資の意思決定をする手法のことをファンダメンタル分析といいます。)

あわせて読みたい
ファンダメンタル
ファンダメンタルズ分析|ROE、ROA、PER、PBR、配当利回り、EPSの意味ファンダメンタルズ分析とは|一国全体の経済状況を分析する指標|企業の業績・財務状況を分析する指標|ROE(株主資本利益率)日本企業のROEが低い理由、ROA(総資産利益率)配当利回りEPS(1株あたり利益)PER(株価収益率)PBR(株価純資産倍率)|ファンダメンタルとは基礎的条件です。一国の経済成長率や経常収支、企業の業績や財務状況などの分析がファンダメンタルズ分析です。...

以上が会計学の全体像になります。

 

関連記事