上海総合指数とは|上海50指数との違い・構成銘柄・チャート・過去の株価の推移

株式投資

上海総合指数とは

上海総合指数とは、中国を代表する株価指数で、上海証券取引所に上場する株(A株、B株)で構成される株価指数であり、英語ではSSE Composite Index(SSEC)と呼ばれます。(SSEは上海証券取引所(Shanghai Stock Exchange)のことです。)

A株とB株の違いは、A株は中国本土の投資家か一部の機関投資家のみが取引できるのに対し、B株は中国本土以外の海外投資家でも取引が可能な点が違いです。

上海総合指数の基準日は1990年12月19日で、基準日を100として算出されています。

上海総合指数は、構成銘柄の時価総額の加重平均により算出されます。

上海総合指数の構成銘柄数

上海総合指数の構成銘柄数は2020年1月の時点で1542です。

構成銘柄のリストが知りたいときは以下のサイトにリストがあります。

上海50指数とは

上海証券取引所における株価指数には、上海総合指数のほかに上海50指数があります。

上海50指数は上海総合指数と同様に、上海証券取引所における株価指数であり、英語ではShanghai Stock Exchange 50 Index(SSE 50 Index)と呼ばれます。

上海50指数は、上海証券取引所に上場しているA株のなかで、流動性が高く、規模の大きな50銘柄により構成された株価指数で、上海50A株指数とも呼ばれることもあります。

上海50指数も上海総合指数と同じく、構成銘柄の時価総額加重平均型の株価指数です。

上海総合指数と上海50指数の違い

上海総合指数と上海50指数は構成銘柄数が違います。上海総合指数の構成銘柄は1500以上であるのに対し、上海50指数の構成銘柄は名前の通り50銘柄です。

イメージとしては、上海総合指数が東証株価指数(TOPIX)に相当し、上海50指数がTOPIXコア30(または日経平均株価)にあたるとイメージすればいいと思われます。

なお、上海50指数の構成銘柄である50銘柄すべてを調べるには、英語版のWikipediaに載っています。

上海総合指数のお休みは

日本と中国では祝日が違うため、取引しようと思っても中国市場がお休みで取引できないなんてこともあります。そのため、中国市場の休み(休場日)には気をつけておく必要があります。

中国市場の休場日は以下の楽天証券のリンクで調べることができます。

上海総合指数ETFのおすすめは

上海総合指数のインデックスファンドとして投資することができるETFは、日本市場に上場しているETFではMAXISHuaAn中国株式(上海180A株)(証券コード:2530)があります。ただ、MAXISHuaAn中国株式(上海180A株)は、出来高が多くなく日によっては1桁の出来高しかない日もあるため、本格的に投資するには心もとないといわざるを得ません。

代わりにおすすめなのはNEXTFUNDSChinaAMC・中国株式・上証50連動型上場投信(証券コード:1309)です。NEXTFUNDSChinaAMC・中国株式・上証50連動型上場投信は上海50指数に連動するETFであり、こちらの方が2530に比べ出来高が大きいため、流動性が高くなっています。なので、上海総合指数の値動きそのものではありませんが、値動きはほぼ連動していると考えられることから、代替案としておすすめです。

上海総合指数のチャート

上海総合指数のチャートは以下のサイトで調べることができます。

上海総合指数の過去の株価の推移

上海総合指数の過去の株価の推移(ヒストリカルデータ)を調べるには、チャートと同様、みんなの株式で調べることができます。

上海総合指数についてのお話は以上です。

中国株投資の王道

中国株投資の王道

バートン マルキール
3,980円(09/24 04:41時点)
Amazonの情報を掲載しています