用語で学ぶ投資と経済|株、米国株トレード、経済会計の用語集まとめ

2019年5月19日テクニカル分析, 会計学, 勉強, 投資, 株式投資, 米国株投資

用語で学ぶ投資と経済

ビジネスや投資に関するインターネットのサイトや新聞、雑誌の記事を読んでいると、よくわからない言葉が数多く登場します。

専門的なサイトや雑誌ではそのような専門用語の意味を特に説明なく、多用してるものもあり、素人としては読み進めるのに時間がかかってしまいます。

そういった専門用語をあらかじめ知っていると、読むスピードも早くなりますし、理解も深くなります。

このページは、ビジネスや投資、勉強(経済学、経営学、会計学、財政学)に関する専門用語の用語集的記事のまとめになります。

投資に関する用語集

利益と損失のリスク・トレードのイメージ

米国株投資のための英語でみる投資用語|セクター、アニュアルレポートを英語で読む

https://biztouben.com/us-stock-english-glossary/

米国株投資のための英語でみる投資用語集です。

米国株投資に必要なアメリカの11セクターの英語表現、アニュアルレポートを英語で読むための財務用語をまとめています。

財務諸表はFinancial Statements、損益計算書はStatement of income、営業活動によるキャッシュ・フローはCash flows from operating activitiesになります。

また、アニュアルレポートを読むにはやはり会計学の知識はあった方がいいです。

英語の勉強とともに会計学(財務諸表論)の勉強も進めていきましょう。

日本の会計基準と米国の会計基準は違いがありますが、日本の基準基準だけでも知っていれば、十分、米国株投資に役立てることができます。

テクニカル分析用語集|MACDからローソク足まで

https://biztouben.com/technical-analysis-glossary/

投資の分析法の一種であるテクニカル分析についての用語集です。

テクニカル分析では、チャートとよばれるグラフの形状や値動きを分析して、相場の転換を判断したり、オシレーターという数値をみることで、相場が売られすぎなのか、買われすぎなのかを判断することができます。

テクニカル分析でよく使われるMACDやRSI、三尊や逆三尊、ゴールデンクロスやデッドクロスなどのテクニカル分析の用語を解説しています。

シストレの売買成績の見方 とりあえずコレだけは知っておきたい3つの用語+α

システムトレードとは、一定のルールにしたがって機械的に売買することです。

このシステムトレードでは、過去のデータの分析や事前の検証が欠かせません。

この検証作業では、検証結果をあらわす売買成績をみて良いか悪いかを判断しなければいけません。

ですが、売買成績の成績表にのっているような用語には、普通の投資家にも馴染みが薄いものが多くあります。

そこで、シストレの検証における売買成績をみるうえで、必要な用語を集めました。

プロフィットファクターや最大ドローダウンの意味を知ることで、シストレの理解を深めましょう。

経済系の学問に関する用語集

学問・アカデミックのイメージ

会計学用語集|B/Sから連結財務諸表まで

https://biztouben.com/accounting-glossary/

会計学(財務諸表論)に関する用語集です。

会計学は経済系の学問・科目の中でも特有の用語が多く、簿記などのバックグラウンドがないとわかりにくい用語がたくさんあります。

損益計算書P/Lや貸借対照表B/S、そして、その中身の勘定科目や財務諸表作成のルールに関する用語を簿記の勉強をしていなくても、わかるように解説しています。